こんにちは、インテックホーム(インテック株式会社)代表の田所 秀基です。

当社は、現在、柏市増尾台を拠点に主に二つのコンセプトを掲げ、事業を行っております。

一つは、住宅のリフォームにおいて、住まいを長持ちさせ、安全・快適に暮らし続けられる質の高い工事・サービスを提供すること。

今一つは、地域限定になりますが、お家のちょっとした小さな補修・修繕も喜んで行うことです。

数多くのリフォーム会社がある中で、当社が目指すのは「外装リフォーム分野、そして地域で最も必要とされる会社」になることです。

お客様・社員を大切にする社長の姿を見て、起業を志す

私は社会人になって数年後に転職したある会社で、将来は自分で会社を作り、事業を行いたいと思うようになりました。

お客様を大切にし、厳しくも社員を大切にする社長の姿に感銘を受け、自分もそんな人間になりたいと思ったからです。

その後、経営の勉強をするためにコンサルタント業に転身し、様々な業界を見る機会を得ることができ、その時に興味を惹かれたのが「外壁塗装」や「屋根の葺き替え」といった外装リフォーム業でした。

私自身、元々、不動産を調べたり、建築物や住宅を見たりすることが好きでしたので、外装リフォーム業に興味を惹かれたのは自然な流れかもしれません。

そして、コンサルタント業に区切りが付いたあと、前職である外壁・屋根の大手塗装会社で営業や施工管理の仕事に就きました。

大手塗装会社で外装リフォームの重要性、業界の問題点を知る

実際に塗装業界に携わって感じたことは、「この仕事は、お客様の財産、マイホームを守るとても責任の重い仕事である。」ということでした。

と同時に、経験を重ねていく中で、「外壁や屋根の塗り替えだけでは、住宅を長持ちさせることに完全には対応できない。」ということが分かってきました。

住宅を長持ちさせ、安全・快適に暮らし続けられるようにするためには、建物の構造や雨仕舞といった建築知識を身に付け、塗装以外に、外壁の張り替えや屋根工事、板金工事など、状況に応じ適切な工事を行わなければなりません。

ところが、外装リフォーム業界を見渡した時に、自社の専門工事のメリットを強調する営業戦略・営業手法が定着し、顧客利益を第一に考えた提案・工事が行われにくい現実がありました。

そのため、いま現在含め、数多くの現場で、建物の構造や状況に合っていない改修工事が行われたり、知識不足による安易な工事が行われたりして、建物を長持ちさせるどころか、逆に劣化を進めてしまっている事態が頻繁に起きています。

このような現状を目の当たりにし、外装リフォームにおいて、お客様の大切な住まい(財産)を守るために質の高い工事・サービスを提供できる仕組みを作る必要性を感じ、この仕組みを作り広めていくことが自分の使命であり、社会に貢献できる仕事であると確信し、この会社を立ち上げました。

「小さな仕事」も喜んで対応するリフォーム会社に

また、当社では地域限定ではありますが、お家のちょっとした小さな補修・修繕を積極的に受け付けております。

水道のパッキン交換、網戸の張り替え、外壁の物干し金物の取り付けなど「ちょっと業者には頼みづらいな」というような仕事や、床の補修、クロスの一部貼り替え、波板の交換といった小修繕も喜んで行っています。

これは、当初、小さな仕事を依頼できる業者が分からなかったり、断られたりして困っていた当社のお客様のご相談にお応えする形で行っていた仕事でしたが、同じように困っている方が自分が思っている以上に多くいることが分かり、少しでも役立てればと思い、事業として取り組み始めました。

お家の悩みやお困りごとには可能な限りお応えし、「喜び」と「安心」をお届けする。

これが当社のスタンスです。

まだ新しい会社ではありますが、外装リフォーム分野、そして地域で最も必要とされる会社になるために、日々の努力を怠らず、プロ意識を高く持ち、高みを目指し、私たちと関わる多くの方に質の高いサービスを提供できるよう尽力して参ります。

代表プロフィール