棟瓦、取り直し工事の続き。

棟瓦の取り直し工事では、一般的には現在ではガイドライン工法での工事が主流になっていますが、現場の状況、状態によってベストな方法を判断します。

今回は、強力棟Cタイプと南蛮漆喰を使用した、耐震工法。

南蛮漆喰を積んだ上に、30×90mmの杉材を敷き、強力棟(メッキ釘)を棟木、隅木の躯体まで打ち付け、頑丈に止めます。

その後、慎重に7寸丸の棟瓦を被せていき、最後にビズ留めし、しっかり固定。

棟と隅棟が分かれるところには、雨漏りしないよう1枚ものの瓦に交換しました。

最後に、念のため、既存の針金穴をシーリング材で塞ぎ、工事終了。

お客様には、職人の人柄や経験の豊富さをお褒めいただき、感無量ですm(_ _)m