下屋根修繕工事、続きの続き。

前回までで、下地の補修、防水シート(ルーフィング)の施工が終わり、屋根材本体(ガルバリウム鋼板)の取り付けへ。

破風板、鼻隠し部分には板金(ガルバリウム鋼板)を巻き、防水対策を。

その後、軒天(ケイカル板)を張り、雨樋を取り付け、工事終了。

下屋根修繕工事−1

こちら↓

下屋根修繕工事−2

こちら↓