下屋根修繕工事の続き。

前回は、長年の雨の影響で腐食したトタン板、野地板(杉バラ板)、破風板を剥がし、下地(垂木)の補強を行いました。

この日は、野地板(構造用合板12mm厚)を張り、破風板を取り付け、下地を仕上げた後、軒先・ケラバ部分に水切り唐草を取り付け、防水シート(改質アスファルトルーフィング )を張りました。

この後、雨がチラついてきたため、この日は作業終了。

あとは、屋根材本体、雨どい、軒天の施工を残すのみ。

下屋根修繕工事−1

こちら↓

下屋根修繕工事−3

こちら↓